NPO法人で取り組む「竹プロジェクト」。その中から生竹を使った無添加の石けんが誕生しました。プロジェクトの意義と石けんの魅力を紹介していきます。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年05月13日 (木) | Edit |
淡竹石鹸が百貨店バイヤーの一押し商品として毎日新聞(九州版)に紹介されました。


目利きの一品:福岡三越 淡竹せっけん

はちくセット

 ◇竹の有効成分をまるごと
 今春に8階の常設コーナーに登場して以来、NPO法人「すこやかコミュニティーセンター」(福岡市)の「淡竹(はちく)せっけん」の売れ行きが好調だ。肌に優しいことが評判を呼んでいるためという。

 ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなど生の竹が持つ美肌に有効な成分を、まるごとせっけん素地に練り込んだ。きめ細かい泡立ちや、竹の微粒子パウダーが毛穴の汚れを落とすといい、突っ張り感のない洗い心地のよさが評価を高めている。

 防腐剤、合成着色料などは使用せず、竹の肉質そのままの黄緑色。アトピーやにきび対策で購入する人も多く、リピーター率も高いという。「洗った時の感触で品質のよさが分かります。うちのスタッフも愛用してます」と、福岡三越営業統括部リビング担当、石橋多恵さん。

 1890円(100グラム)。お試しサイズは315円(10グラム)。【綿貫洋】

毎日新聞 2010年5月12日 西部朝刊

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/07(月) 20:28:22 |